シンヤ先生のレッスンこぼれ話2

こぼれ話2

あさこ先生がプロのテストを受けた時の話です。
東京会場でカップル試験を受けたのですが、周りはレベルの高い人ばかりでした。
キャリアも、おそらくあさこ先生が一番短期間だったのは確実です。確実にあさこ先生が一番下手でした。(笑)
それでも僕が組めば、たとえどんなに下手でも合格させる自信はありましたので、僕は安心していました。

ところが・・・。あさこ先生の様子がおかしい。
何やら「どうしよう・・・」としきりに繰り返しています。
「どうしたの?」って聞いてみると、極度の緊張で、真っ白になってしまったようです。

どうやら今日は、その「たとえどんなに下手でも」を証明しなければならない日のようです。
そこで、作戦変更。最低合格点を狙って、ステップの難易度を下げ、ノーミスで踊って合格を目指すことにしました。

「練習してきたステップはすべて忘れて、思い出そうとしないこと。ただ僕に密着していること。」
それだけを言い聞かせ、僕はステップを初心者〜初級レベルに下げて踊りました。彼女はそれにすら気づいていません。
「このまま何とか無難に終われそうだ」そう思った矢先・・・なんと彼女がリードを無視して足を出してきたのです。

その瞬間、とっさに僕がしたこと。それは・・・・
彼女の足に合わせて自分の足を出して、同じステップを踏んだのです。僕が間違ったステップ踏んだことにしたのです。
カップル試験は、男性はリード、女性はフォローを見る試験です。相手の先生が間違ったステップを踏んでも、それは採点に影響しないはずです。
ただ、女性の受験者がリードを無視して間違ったステップを踏めば、それは減点されます。今日の作戦では1点でも減点されれば落第になります。



そう。このカップル試験で気を付けなければならないこと、それは相手の先生があまり上手に踊らないことなのです。
そこに注意できたのには、自分が同じ試験を受けた時の苦い経験が生きています。

昔、自分がプロの試験を受けたとき、相手をしてくださったのが、ラテンの元全日本ファイナリストの女性でした。
モダンの試験では先生は至って普通だったのですが、ラテンの試験になった瞬間、彼女の目の色が変わりました。
おそらくダンサーの習性なのでしょう。輝きを放ちながら生き生きと踊り始め、僕は振り回されて、ついていくのがやっとでした。

後日、採点が発表された時、ラテンの種目はすべて合格ギリギリの最低点でした。
他の採点はすべて満点近くだったので、ラテンの結果次第では160名中、首位で合格できていたと思います。
結果は20位くらいだったと思います。悔しかったです。もっとも、もらえる資格は同じなのですが。(笑)



さて、あさこ先生の結果ですが、後日、見事に合格してました。
一方、同じ試験を受けていた某一流教室の、彼女より3倍くらいのキャリアのある女性は落ちたそうです。
僕は現場でその方の踊りを見ていましたが、彼女はせっかくとても上手なのに、相手の先生がとても上手く踊っているせいで見劣りしているなという印象でした。



というわけけで、今回も僕が言いたかったのは、リード&フォロー、大事ですよ!ってこと。
自分が上手に踊るだけではダメなんですよ。プロの試験ですら、そうなんですから。

Back