シンヤ先生のレッスンこぼれ話3

こぼれ話3

湘南ダンス学院では、その生徒さんを最も上達させるのが仕事です。
そしてそれは、必ずしも踊ったり踊らせたりすることだけとは限りません。

よその先生には、とにかく30分間踊らせて帰らせれば良いと考えている方が居ます。
もしもそうなら、ダンスの先生は誰にでもできて苦労の要らない仕事です。

生徒の方にも、ただ踊って欲しいだけの理由でレッスンを予約する方がいます。
でも、幸い僕のところには、そういう方は来ません。
僕は踊るのではなく教えるのが仕事ですので、それを求められたら他の教室を紹介します。

そんな先生なものですから、もしかしたら全く踊らないで帰る生徒さんの多さは日本一かもしれません。

じゃあ、踊らないで何をしているのか?一言で言うとカウンセリングなのかな?と思います。
例えば、30分間、肩や背中を揉んでほぐして終わってしまった人もいました。
前歩き、後ろ歩きだけをひたすら30分間、繰り返した人もいました。
話だけして帰った人もいます。息子の嫁の話でした。

大事なことは、これらの皆さんはすべて、本気でダンスを習おうと思って来ていること。
そして教わる以前の段階で解決すべき大きなトラブルを抱えているということなのです。

もしもここで「嫁の愚痴なんか言ってないでレッスンを聞きなさい」と言うような先生は、
きっとこれらの生徒さんを上手くしてあげられないと思います。

何年か前、個人レッスンに来ていた女性とホールドした瞬間に、心ここにあらずという印象を受けて、僕はこう尋ねました。
「何か人間関係か金銭関係でトラブルでもありましたか?」
すると、自宅に出入りしている業者さんに水増し請求されて、トラブルになっていることを話してくれました。

さすがに僕にはそのトラブルの解決はできませんが、話を聞いてあげることはできます。 一通り嫌なものを吐き出したら、明るく元気になって帰られました。
僕がどうして見抜いたのかは、ちょっと怖がっていましたけど。(笑)

この仕事、長年やってるとね、エスパーになっちゃうんですよ。。。

Back